読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハローワールド

ときどき自分がネットで言われる最底辺の暮らしをしていると思うと悲しくなる。
割と将来があって安定していた身分として育ってきたこともあって何もない休日の朝とかに起きて「あれ俺なんで生きてるんだっけ?」とか浮かんできては余計に惨めに感じることがある。それでもいつかくる(??)陽の目を夢見て晩に寝ては朝に起きてなぜか前だけを見て仕事をしている増田。


簡単にいえばいまの収入は生活保護の支給額よりもほんの僅かに少ない。
それに社会保険などの控除を踏まえたらそれはもうとてつもなく少ない。

週末に駅前のショッピングモールで一週間分の食材の買い出しをして週の後半はスパゲティやうどんで食いつなぐのがいまのやっとの食生活だ。駅前といっても特に大きいわけではない。しがない地方都市の住宅地が建て並ぶ何の変哲もない小さな駅。新宿や名古屋、梅田にあるのような高層商業ビルディングのなかで白いコック帽をした料理人が並ぶビュッフェで仕事帰りに夕食がしたい。そんな夢を増田は抱いては捨てる。

貯金なんてもはやできる余裕などなければ増田には副業で稼げるスキルもない。
財形を含め保険などの勧誘はくるはずもなければできるはずもなくクレジットカードすら更新できるような収入を持ちあわせていない。

それでも増田が働き続けるのは一体なぜか。
認めたくはないけど唯一これが増田の適切な市場価値だからなのか...

収入に不満があるかと言われれば実力以上の収入をもらうよりは幸せだと答える。
増田は強がりだ。

日本は成熟した国家。
たとえ最底辺であってもわりと生活は恵まれていると思わざるを得ない。
しかしこれも詰まるところ運でしかないのが皮肉なところ。

自分で住む場所を選び自分で仕事を辞めて自分で働く職場を選択する。
実はこういうことに増田は支えられているのかもしれないな。

変に朝から遠い目をして増田は記事を書きながら昔読んだ「選択の科学」という本にあった言葉を思い出した。

選択肢は多ければ多いほど適切な判断ができるというものではない。

すなわち幸福は恵まれていることではなくて運とほんの少しの選択肢の中から自分で決断して生きることだということだ。

増田はそう曲解して自ら運を放棄して今日をまた生きていく。

やりたいことリスト(随時更新)

はてな界隈で活躍している
31歳既婚女性(学部→編入→院→国家公務員→退職→研究員→結婚)が酔った勢いで人生でやりたいことリストを作成していたので
便乗してつくってみました

とりあえずで思い付いたものを挙げただけなので随時更新していきます

・日本の学会に加入する

・芸術創作活動で収入を得る

・首都圏に定住する

・遺伝子の解析

いつも言われること

遠くから大きな声で

「遊んでるんじゃないんだぞ」

僕を端において管理者に対して

「脳ミソと性格と根性以外は正常です」

ぼくの世間対する愚痴

自分が何ものかはいまだにわからないけど
頭のいい人は「1を聞いたら、9、10までわかる」という言葉をなぜかよく耳にするのだが
自分なりにそれについて言いたいことがある

ここでまず率直に言おう
僕はお勉強や注意能力や事務処理能力といったものは
それほど高くないと自負している
なので本当にこれらの能力が高い人が「1を聞いたら、...」は真だというなら名乗り出てきてその思考回路を教えてほしい

そして僕が言いたいのは
「1を聞いたら、...」ってほんとうか?ということ。いや、ただ疑っているのではなくて、1を聞いたら、次に相手の話そうとしていることを先読みして、9、10を理解することができるということなのだよね?それも、単に情報処理のスピードが速いから、次の言葉がわかるという意味だけではないんだよね?要するに相手の話す内容のいくつかの思考の枝分かれも考慮して、もっとも相手の話す内容(これから話そうとしている内容)に確からしいものを判断して、1を聞いただけで、9、10まで理解するということでいいの?
自分にはそんな能力って、逆にテレパシーかなにかの霊的な能力にしか思えないのだが。思考の階層を相手に合わせて、1から10を導くって、よっぽどじゃないのか。なぜなら将棋の解説とかみていても、直近の1手から10手先を先読みして解説しても10手後が同じになることって滅多にないよ。大抵、途中で方向がずれたりするもの(枝分かれ方が異なるもの)じゃないの。あるのは、10手先が「詰み」のように、明確な結論が決まっている場合とかだよね。あとパターンが決まっていたり。

だらだらと、長くなったけど、結局、何が言いたいかって、「自分と相手の間で10が共有できているから、1を聞いただけで、9、10がわかる」のではないのか?ということ。そしてその場合、本当にわかっているのは、1と10の間の2~9であって、この2~9を相手に合わせて、相手よりも速く構成できるということでは?

いや、もし本当に能力の高い人が仮に相手に思考の階層を合わせることができたとしても、10がわかるから、相手の思考に合わせて、1から9までを並べて作ることができるってことではないの?
ほんとうに10が共有できていなくても、相手の1を聞いただけで、相手の話そうとする10を判断して、理解することができるの?
それはなんでなの?

ギブミーアチョコレート

※ 編集後記
いやでもなんとなくわかるひとはわかるのだろうなと思いました。わかりやすくいえば、記述式の数学の問題みたいなものなんでしょうね。それもパターンも多少はあるだろうけど、初見の問題でも相手の求めているものを理解して、沿うように解答するような。そんな感覚なのでしょう。あれ?違う?

脚の指を舐めたい

脚の指を舐めたい

ただそれだけ

twitterでやれ


日本代表戦をみてから

風呂はいったら

核のニュースをやってて

森友学園も一息ついて

ネタ切れかと思ったら

まだ「アメリカが~どこどこが~参加しないから~日本も参加する価値が~」とか言ってて

少し浮わついた

そのおかげで

とてつもなく脚の指を舐めたい

衝動に

ぼくの心残りは 25歳のときに 死ねなかったことです

ただひとつの正解は 死 であった


死ねなかったぼくが できることは

生を生み出さないこと


ぼくだけでなく世界中の仲間をつくらないこと

それは ぼくだからできることで

どんな批判があっても 突き通せること

自閉症 (障害者) の1日

職業 ニート

昨夜0時くらいに寝たのに
14時に目覚める

携帯を確認するも
広告以外の通知なし
(そういえばここ1年くらい誰とも喋ってないな~と毎日心のなかで思う)

障害者は社会に不要なのだ
そう叫んで味噌汁をつくる
たまに同じタイミングで洗濯機をまわす

ご飯を食べながら
今日なんか予定あったかなーって手帳を開こうとするが
やっぱり冷静に思い直してテレビをつける

ワイドショーつまんねぇ

適当にフラフラしたいので
散歩にいくも
3分で帰宅して家の窓を開ける

もう死にたい