読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素直であること

素直であることは美しい

そして僕はとっても素直である

しかし素直であることの美しさが私にはわからない

素直であることは要するに人から馬鹿にされているようなものだと思う

わからないことをわからないといい
自分にできないことをしてもらったらありがとうという
ときに他人に迷惑をかけたらごめんねという

書いていて思うがこれはとっても頭の悪いことだ
なぜなら幼稚園児でも教えられたらできることだからだ

ではなぜ人は大人になると素直になれないのか
それは賢くなるからだ
色々なことを学び自分の頭で考えて判断できるようになるからだ

話を戻すが素直だと人からいわれることは同時に馬鹿だといわれていること同じなのだ

なぜ人は素直な人が好きなのか

素直な自分の頭ではわからない

でも中途半端に打算的で

本当の頭の良さを勘違いしている人間に対して

ときに一泡ふかせることもある素直なひとに好きだといえるこの人種


ぼくはこの人種がぼくにないもの全てをもっている気がして嫌い

この嫌いは素直な気持ちなのかどうかわからないきょうこのごろなのである

素直な人は本能に正直

ただそれだけなのだと思う

だからこの時代に忘れかけていたものを思い出させてくれる
だけど本人たちは社会に取り残されてとても辛いのよ